薬剤師になるために知っておきたい知識

薬剤師の求人で必須の資格・スキル

薬剤師という職業は薬学部で6年在籍した後に国家試験を受けて合格した者がなれる職業です。6年の在籍期間中には病院や調剤薬局などの現場研修があり、加えて膨大な薬学知識を身につける事が必要とされます。就職先には病院などの医療機関から調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。どの求人も「薬剤師」の国家資格がなければなる事はできません。
薬剤師として働く場合の必須資格は国家資格ですが、それに加えてあったら有利なスキルとしてはコミュニケーション能力が挙げられます。どの職場でもスタッフと連携して作業を行う事から業務をスムーズに進めていく為にも意思疎通が問題なく出来る事は、いくら薬学の知識が豊富でも対人スキルは最低条件でもあります。
また近年医薬分業により、ますます薬剤師と患者との距離が身近になりつつあります。これまで院内処方であった病院で処方箋を見て調剤して患者さんに渡すだけの作業ではなく、医療機関の近隣に調剤薬局を設ける事で処方箋をもとに患者さんに薬の指導やアドバイスを行う事を求める場が増えてきています。今後も薬剤師には調剤業務中心から、患者との関わりを深めていく能力が求められる傾向がますます強くなっていくでしょう。

 

薬剤師の就職に必要なスキルとは?

薬剤師の就職に必要なスキルとはやはり、薬に対する知識が必要であり、そこは当然国家資格をとっていなければなれない仕事であり、薬剤師としてのレベルアップを図る為には、やはり薬局などで実践的に薬を触って知識を高めていく事が重要となり、そこでの薬の効能と、副作用の部分をしっかりと把握しながら、患者さんに間違い無く服用する方法を伝えて行く事が重要となります。

 

最近でも新薬の開発や、ジェネリック薬品などが増えている状況から、名前だけで薬を覚えていく事も大変な時代となっていて、同じ様な効能の薬でもこうしたジェネリックを出す事を求める患者さんも増えている現状となっています。そこでもやはり薬剤師として就職する為に必要なスキルとして、患者さんに対しての薬の説明を分かりやすく行う事と、お医者さんから指示された通りに薬を出す事が使命としてあります。ある程度その部分が行える様になれば、何処の薬局でも就職する事は出来て、必要なスキルをマスター出来ていれば、色々な職場での薬剤師としての仕事をこなせる事となります。最近ではドラッグストアでもその働き場所が増えている現状であり、そこで地域の方々に対してやはり薬の説明を行う事となります。

 

>> 薬剤師の求人

 

薬剤師になるための最短の方法

 

日本の経済が不安定な状況の中で、多くの若者の間で自分の将来を考える機会になったときに、安定した職業に就きたいと考える人が大勢います。特に不景気の世の中のみを体験してきた若い世代には、慎ましく生きるという文化が浸透しています。

 

そのような状況の中で、医療従事者として働くという希望を持っている若者が多くいます。例えば、薬剤師として働くという事を決めている学生も多いです。薬剤師の仕事は、薬の調合などがメインになりますが、命を預かる現場で働くことになりますので、毎日、責任感を持って仕事へ取り組む姿勢が大切になります。また、最近では、在宅医療の現場でも活躍するなどの、仕事をする幅が広がってきています。

 

このような状況の中で、実際に薬剤師免許を取得するまでに最短で期間がどれ位必要かという事を考えると、6年間は勉強をするという方法になります。特に、薬剤師免許取得自体が大変難しく、国家試験も難易度の高いものになるので、まずは自分の選んだ教育機関で、国家試験合格に繋がるためのカリキュラムをしっかりとこなす事が一番重要です。また、命を預かる仕事になりますので、責任感の強さも学ぶ必要があります。

 

薬剤師免許を取得すれば、活躍できる場所がひろがりますし、薬剤師としての仕事も様々ありますので、自分の知識を十分に役立てる事が可能です。

 

薬剤師は国家資格

薬剤師と言うのは薬学の知識を修めて社会に貢献することができる薬剤のスペシャリストであることを証明する国家資格の一つです。この国家資格である薬剤師の資格を得るためには何らかの形で薬剤師国家資格の受験資格を得て、試験に合格する必要があります。このためにはいくつかの方法がありますが、最も早く資格を手にすることができる最短のコースとしては薬科大学を卒業して受験資格を得るという正規のルートとなります。これ以外の方法は極めて特殊なルートになりますので一般的に推奨されるものではありません。やはり最もスタンダードな道を歩むことが最短ルートになるのです。

 

現在は薬科大学は6年制を敷いていますので高校を卒業してすぐに入学できたとしても、国家試験に挑戦できるのは6年後となります。このコースが最も早く薬剤師の資格を得るための流れとなるでしょう。最もこの国家試験は難易度が高く、毎年かなりの人数がふるい落とされる厳しい試験であることが知られています。また大学自体も難易度が高いことが知られており、それらの中で全てをすとエーとで突破するというのは相当に努力が必要になることなのです。このような流れの中で薬剤師としての力を身につけて行くことになります。