薬剤師の就職率事情

薬剤師の就職率事情

現在、日本は不景気などの影響で、消費も落ち込み、更に増税対策が、あまり効果を発揮していないなどの状況が続いています。やはり、特に男性は家庭を支えるために、あるいは自分自身の生活を充実させる為の仕事をしている人が多いので、できるだけ、仕事はやりがいを持ちたいと考えている人も多いです。

 

そのような状況の中で今注目を浴びているのが、資格や免許が必要な専門職の仕事になります。専門職は誰しもが、就職できるわけでなく、専門知識の習得はもちろんのこと、資格や免許が必要になるので、限られた人材しかいないので、確保自体が難しい状況で常に、人材が足りないという職種もあります。

 

このような中で、薬剤師の仕事は特に人気となっている仕事で、求人の数なども多いです。また、就職率事情で言えば、薬剤師はほとんどの人が色々な形で仕事をこなしています。薬剤師の仕事は多種多様で、例えば、大型の総合病院の薬学部で働く場合もありますし、街中にあるクリニックの調剤薬局で過ごすこともあります。また、在宅医療といって、体の不自由な人の為に訪問介護を行っている施設が多いので、その現場へ同行するという働き方もあります。

 

薬剤師の仕事はこのように自分の幅を広げることのできる働き方なので、魅力を感じますし、自分の知識を生かすことのできる素晴らしい仕事になります。