薬剤師法とは?

薬剤師法とは?

薬剤師法は名称が示す通り、薬剤師が果たすべき任務・役割や、日常において行う業務、資格取得要件などについて定めている日本の法律です。

 

薬剤師に関する法律の歴史は古く、薬剤師の職業名と職能がはじめて法的に定められたのは1889(明治22)年に公布された「薬品営業竝薬品取扱規則」と呼ばれる法律です。その後、1925(大正14)年に旧薬剤師法が制定され、医師などとは別の法律で薬剤師の規定が定められるようになりました。しかし、この旧法は第二次世界大戦中の1943(昭和18)年に薬事法に統合される形で廃止されています。

 

現在の薬剤師法は、医薬分業が法制化された後の1960(昭和35)年に公布されました。現行法によって、再び薬剤師に関する規定は医師や看護師などとは別に定められるようになりました。その後は医療の進展や社会情勢の変化によって法律の改正が行われています。近年では、2004(平成16)年の改正によって、2006(平成18)年度の大学入学者からそれまで4年制だった大学の薬学部の課程が6年制に変更され、これにより薬剤師国家試験の受験資格の学歴に関する要件も変更されています。また、2013(平成25)年の改正では医薬品の情報提供と服薬指導の義務化が明記され、2014(平成26)年6月から施行されています。

 

http://xn--h9j8c2bzdp7dk3fvh8fxmbbb2415krjyi.com/